年末注意報!!お酒の飲み過ぎは乾燥肌になる?!

年末注意報!!お酒の飲み過ぎは乾燥肌になる?!

今年もそろそろ終わりに近づいています。
職場ではクリスマスパーティーや忘年会の相談が進んでいるのではないでしょうか??

 

何かと飲み事が多くなるシーズンですね。
一年の節目のイベントに参加するお付き合いも大切ですが、
いつもキレイでいたいと願う女性はこの時期、お肌に特に注意しましょう!

 

美味しいお酒とご飯を前についつい盛り上がって暴飲、暴食しがちに。
ぱーっと楽しむのはいい事ですが、
これが連日になると身体はむくみがたまりやすく、
肌はカサカサと乾燥してきてしまいます(>_<)

 

ちょっと見過ごせない事ですね、、それは何故かについてお伝えします!
適度なお酒は気分が良くなり身体の新陳代謝を高める働きがあります。
赤ワインだとポリフェノールの抗酸化作用でアンチエイジングの効果に期待も持てますね。

 

でも、飲みすぎてしまうと楽しい気分とは裏腹に、
身体はアルコール分解にせっせと忙しく働くことになります。
翌朝、目覚めた時“むくみ”を感じるのは、
アルコール分解をした際に出る老廃物が身体に重くたまっているからです。

 

アルコール分解には大量の水分が必要になるため、
身体は体内の水分を一時的に集結させます。
肌のうるおいを作り出すのに必要だった水分も方向転換してこの分解に使われます。

 

男性より身体が小さく、アルコールを分解する臓器も小さい女性にとって
一日の飲むアルコールの適量は日本酒なら一合、
ビールなら500mlまでが目安です。

 

それ以上の量だとより多い水分が必要になるので、
身体だけでなく肌にも負担がかかってしまうんです。
結果、肌は乾燥肌に傾きがちになってしまいます。

 

身体のむくみは日中徐々にひいてくると思いますが、
これは筋肉活動が活発になることでリンパの流れがスムーズになり、
たまった老廃物の排出が促進されていくからです。

 

寝ているうちは身体を動かさないので
老廃物の流れが滞ってしまっているんです。


この症状を緩和するにはお酒を飲んだらその分、
充分に水分を摂ってあげることと、
日頃から身体を動かす習慣をつけてむくみにくい体質作りをすることです!
年末はこの美容法を少し気にとめて生活してみてくださいね☆彡